カテゴリ:就活の準備・How To

【応募書類】証明写真で気をつけるポイント

就職活動をする上では、まず応募書類を準備しなければなりません。 そこには証明写真を貼付する必要もあるのですが、そこで気をつけるべきこともいくつかあります。 何といってもスピード写真のようなものを使うより、プロの方に写してもらうことが重要です。 画質も良く仕上げてくれますし、撮影にあたって良く写る表情を切り取ってもらうことができます。 同時により良い写りとするためには自分で気をつけるコツもあり、目は意識して開くようにすることで印象も強くなります。 スーツは色が濃いものを着用することで陰影がくっきりしたものとなり、いちばん下だけボタンを外しておけば形も崩れません。 それとともに背筋をしっかり伸ばしあごは難しいのですが上げすぎず、ですが引きすぎもしないように調整する必要があります。 女性ですとメイクもしますが、チークと口元については同系色のカラーで統一するとより自然な印象になります。 また、あらかじめあぶらとり紙で拭いておけば過剰なてかりも抑えることができます。 そのほか撮影した写真を使った履 続きはこちら

【応募書類】証明写真はどこで撮ると良い?

就職活動で必要な応募書類には、証明写真を貼ります。 写真を撮影するというと自宅のほか店舗や街角などに設置されている無人のスピード写真、写真店などといったいろいろな撮影場所があります。 その中ではやはり、プロの写真屋さんに撮影してもらうことがいちばんです。 デジタルカメラやスマートフォンなどのカメラ機能も向上して、自宅で写真を撮影することも簡単になりました。 それでもプロと同じようにとはなかなかいきませんし、撮影した写真をちょうど良い大きさに切ることにも手間がかかります。 写真店を利用する時間やお金の余裕がなく自分で何とかしなければならないという場合には、背景色として明るい色を選ぶようにします。 背景があまり濃い色になっていると、コピーした場合にきれいな仕上がりとならない可能性もあるのです。 そのほかにもきれいな写真とするためには服装から身体の向きや表情まで、こまかな注意点がいろいろとあります。 こういったことは、プロの写真屋さんであれば逐次アドバイスしてくれます。 スピード写真であれば気 続きはこちら

【自己分析】自己分析の必要性

いよいよ就職活動がスタートするというときにまず思いつくことといえば、就職説明会へ参加することや志望している業界や企業について研究をすることなどでしょう。 就活でも最初のステップとなることであり、比較的取り組みやすいことでもあります。 こういったことを行う上で基礎中の基礎となるものが、自己分析です。 とはいっても自分について客観的に分析することは簡単ではありませんし、どこまで突き詰めれば良いのかも難しいところがあります。 それが就活を進めていく上でどのような効果につながるかも、わかりにくいかもしれません。 それでも自分をしっかり見つめ直しておかなければ、応募書類や面接の場で自己PRをするにあたってもどこか自信を持つことができないままということになってしまいかねないのです。 また、自己分析は自分が持っている価値観を改めて把握する上でも必要なことです。 価値観というものは、自分が育ってきた中で形成されていくものでもあります。 そこで自分が生涯の仕事にしていきたいこと、それが社会の中にあってどの 続きはこちら

【応募書類】エントリーシートの重要性

企業を志望するにあたってはエントリーシートを作成する必要があり、多くの場合においては書類選考で合否を判断するための参考資料として使用されています。 応募書類としては履歴書も挙げられますが、書式として履歴書は市販されているものだけでもさまざまなものがある一方、エントリーシートはそれぞれの企業で統一されたものになっています。 つまり応募する学生について完全に共通した項目の情報を把握することができるため、選考に際しての資料として活用しやすくなるのです。 またエントリーシートの作成を求められるタイミングにもいくつかありますが、それぞれに意味があります。 まず会社説明会へ参加するときにあらかじめ作成していおいて提出しなければならないという場合は、その段階で参加者のことをある程度見極めてしまうということになります。 求められる内容としては調べたり考えたりしなければならないものも含まれますから、そうなるとエントリーした学生の本気度を図ることもできるのです。 もうひとつ多いのは、会社説明会の場で作成する 続きはこちら

【応募書類】エントリーシートの書き方

エントリーシートは、書類選考にも用いられる大切なものです。 そのため作成するにあたり、つまらないことでマイナスの要素を増やしてしまっても仕方ありません。 基本的な書類作成のルールは、遵守する必要があります。 誤字や脱字がないことはもちろん、文章の中で略語を使用しないなど丁寧な表現を心がけます。 使用する筆記用具は黒のボールペンか万年筆がベストであり、書き間違いをしてしまったならば修正液などを使わず改めて書き直すようにします。 名前や生年月日などといった基本情報は履歴書とも共通していますが、年については部分によって西暦と元号で違っているということがないようにし、日付は提出する日かその前日とします。 また読み仮名を振る際には「ふりがな」となっていればひらがな、「フリガナ」であればカタカナを使います。 印鑑についてはシャチハタのようなものを使わずずれや上下の逆、薄さなどにも気をつけなければなりません。 学歴は中学校へ入学したところから記載し、正式名称を用いることがルールです。 中では高校につい 続きはこちら

【自己分析】検査を活用した自己分析

就職活動で志望する企業の担当者と話をする面接の場などではかなりの確率で、自分の長所や短所について尋ねられます。 入社してから取り組みたいこと、また社会人として社会的に貢献したいことなども質問される機会は多くあります。 そこであらかじめ十分な自己分析をしていれば、自分が進むべき道として適している仕事が見えてきます。 そうして本当にしたいことを考えていると、自信を持った答え方をすることもできるはずです。 そういった自己分析をする上で役に立つ検査として「R-CAP」や「エニアグラム」、「エゴグラム」、「EQ」などといったものが挙げられます。 R-CAPでは140もの職種で働いている2万人から得られたデータのもとで自己分析を進め、自分と合っている仕事を見つけることができます。 エニアグラムでは全部で180の質問に回答していって心理学にもとづいたタイプ分けをすることができ、その判定から長所や短所をあぶり出すこともできます。 エゴグラムからは自分の性格や人間関係のあり方について知ることができ、それが 続きはこちら

【応募書類】履歴書の重要性

企業が採用選考を行う上では一般的に、いくつかの段階を踏むことになります。 履歴書は、最初の選考書類であると考えて良いほどに重要なものです。 自分の性格やスキルなどについて、効率的にまとめるものとなっています。 大多数の企業においては書類から選考をスタートしますから、応募者の人物像はまず履歴書から判断されることになるのです。 それと併せて、応募先を志望している理由についても知ってもらうためのきっかけとなります。 会社の規模にもよりますが、採用担当者は多ければ数万枚という単位で応募者の履歴書に目を通してきています。 中途半端に書いても通用せず、一目見ただけでも書いた人間の本気度がわかってしまうことになります。 もちろん真実と異なるような内容があってはならず、そうでなくてもたとえば勘違いで卒業年が誤っていたといったようなことがあれば、それだけでもマイナスになってしまうのです。 修正液による手直しなども、あってはなりません。 てにをはや情報の間違いといったことがまったくない仕上がりで、ようやく内 続きはこちら

【自己分析】経験にもとづく自己分析

たくさんの企業にエントリーしている中では時に同じような質問を何度もされる機会があり、そもそも志望先の企業を目指すようになったきっかけなどを見失ってしまうこともあります。 そんなときに初心を振り返る意味でも、自己分析によって自分自身のことを深く理解することは重要です。 そこでは性格面の分析に加え、これまでの自分がしてきた体験を振り返ることにも大きな意味があります。 経験といち個人の性格には深いかかわりがあるとされていて、たとえば親の存在は大きな影響を及ぼします。 小さなうちからたくさんの本を読むことのできる環境があれば自然と読書の習慣がついて、それが積極的に学んでいこうという意欲にもつながります。 また両親がとにかく厳しく褒められたこともないとなれば自分に自信を持つことができない、過剰なまでに認められたいといったパーソナリティにもなります。 また子どものうちに経験したことも、性格が形成されていく上で大きな要素となります。 両親の仕事が関係して頻繁に転校しなければならなかったといった場合です 続きはこちら

【応募書類】履歴書に使用すべき筆記用具

履歴書をきれいで印象の良いものに仕上げる上ではポイントをおさえ、筆記用具も適切なものを選ぶ必要があります。 理想的なものは黒色の発色が良く、濡れや暑さにも耐性のあるインクを使用しているものです。 黒くくっきりとした文字で書かれていれば、それだけでも自信があらわれているように見えます。 また暑い部屋に置いている場合、何かしらのハプニングで水がかかってしまった場合などにはインクがにじんでしまいかねませんから、そういった耐性もある筆記用具であれば心配な要素も少なくなります。 具体的に、履歴書を作成する上で筆記用具の向き不向きはあります。 近年人気が高まっている「消えるボールペン」は、確かに書き直すことができて便利ではあるものの、高温には強くありません。 気づけば文字が薄くなってしまうといったケースもありますから、履歴書には適切ではありません。 万年筆は推奨されるものではあるのですが総じて水に弱く、最近は使われる頻度が低いものでもあるため一長一短もあります。 サインペンは太さも考えなければ文字が 続きはこちら

【自己分析】他者評価から導く自己分析

自己分析というと自分をかえりみるということで、往々にしてその結果に主観が入り込んでしまうこともあります。 ですが自分で自己評価した結果と、他者から見ての評価内容は食い違っているところも少なからずあるのです。 たとえば自分で分析したところでは誰とでも気軽に話をすることができて普段から自分のプライベートまで伝えていると思っていても、実際には周囲から考えていることがわからないと思われている場合などがあります。 そういった他者による評価はまた、自己分析へ活かしていくことができます。 飲食店などではそれぞれの座席に利用した上での感想を記載するようなアンケート用紙を置いていますが、こういったことなどは外部からの評価によって店舗を分析する取り組みであるともいうことができるでしょう。 ただ個人が自分の評価を知りたいからと友人に直接尋ねてみても、気を遣われてなかなか本当のことを教えてもらうことができないかもしれません。 そこは普段から何気なく交わされている会話の中に、ヒントが含まれているのです。 自分にと 続きはこちら