カテゴリ:NEWS

やはり失敗だった!?各方面から見直しの声が相次ぐ「16卒就活後ろ倒し」

16卒就活からの「後ろ倒し」は、企業各社の対応で現実的な出足にも大きな差が生じ、多くの就活生は今持ってこの制度の変更に翻弄されています。 企業側にも温度差があり、紳士協定を正直に守った企業が「馬鹿を見る」結果となったのでは、採用担当者も「怒り心頭」だと思います。 17卒就活でも、このような状況が続くことはさらに混乱を招き、就活生と企業双方にマイナスです。 未来に向けた妙案を早急に期待したいところです。http://blogos.com/article/126437/

企業各社の採用担当に共通する「ある能力」を見極める、「最後の質問」とは?

就活生なら既に承知のことと思いますが、この8月に入り今一度チェックしておきたいのが、面接で重視する要素の1つと言われる、「論理的思考力」です。 論理的思考能力とは、物事を順序立てて論理的に考えることができる能力のことを言いますが、多くの学生がこの能力を欠いた状態で面接に臨んでいるようで、せっかくの努力も台無しです。 今一度確認しておきましょう。http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150802-00015857-president-nb 

勉強や部活、学歴まで就活生が後悔する「7つの不安」を解決!

就活をしていく上で後ろ向きに物事を考えることはよくありません。 特に就活を始めると学歴なども含めた、自身の通っている学校への進学の時点にさかのぼった後悔をする人もいるようです。 そこで、既に現実の後悔をしている先輩の諸氏の経験から就活生の不安を知って、今後の活動の参考として下さい。http://www.sankei.com/economy/news/150802/ecn1508020001-n1.html

あきらめるな就活生!内定ゼロでも逆転があるのが人生、ブロガー「暇女さん」の話しです

学生時代の就活時から約300社の内定ゼロを受けて、へこむどころか一時は、潰れてしまい死のうかとすら思ったという「ブロガー暇な女子大生さん」。 残されたわずかな希望、ブログでの執筆に望みを託し「文章を書く」ということにたどり着きます。 就活生の一発逆転につながる可能性はゼロになることはありません。 いつでもリセットできるパワーを貰える話しです。http://www.asahi.com/articles/ASH7J6GVQH7JUEHF00V.html

この8月第1週の行動が、あなたの社会人人生を決定づける!?

今年、8月1日は土曜日ですが、多くの企業が選考を開始します。 8月1日行動を始める学生こそが、自社への志望順位や意識が高いと考慮しているからです。 企業側は、直接的なオワハラができない今、内定者、内々定者に向けたセミナーや合宿などをこの時期に行い、現実的な囲い込み戦略を取ってくるはずです。 就活生、採用側起業ともギリギリの攻防となるのが8月第1週からとなるはずです。 気を引き締めて挑みましょう。http://www.sankei.com/economy/news/150726/ecn1507260001-n1.html

電話で相手の声が聞こえない時、聞き直すにもマナーあり!

企業採用担当者からの電話にかぎらずですが電話を受ける際、場所によっては周りのノイズのため聞き取りにくかったり、相手側の状態によっても聞き取りにくくなることがあります。 このような時に聞き直すことが必要になることもありますが、聞き直し方ひとつで相手が受け取る印象も変わります。 まちがってもプライベートで使っている「えっ何?」、「もしもし?聞こえません!」と言う受け答えだけはやめましょう。 また、自分が電話をかけるばあい、外出先であっても可能なかぎり静かな場所を選び、適当な場所がなければ少し移動してでも雑音の少ない状況からかけましょう。https://gakumado.mynavi.jp/style/articles/16853

8月1日採用面接開始!もう「白色」はいらない、企業が新卒にも求める「即戦力」とは?

最近は企業採用の傾向として、専門知識に長けたいわゆるプロフェッショナル志向の新卒を欲する企業が増えています。 一昔前までは、こだわりを持たず染まっていない、いわゆる「白色」の人を求める企業が多くありました。 しかし現在は、即戦力として採用を考える企業が増え、実際の募集でも資格や経験などの条件付きが目立ってきています。 学生時代を謳歌することは難しくなってきたようです。http://blogos.com/article/125855/ 

面接前に必読!採用担当直伝の「就活で失敗しない5つの心得」

駅前の書店店頭には就活生をターゲットにした面接マニュアル本が積まれていますが、どうやらそのマニュアルが採用選考であなたが持つせっかくの個性をスポイルしているようです。 採用担当者が面接時に学生に期待し見ている部分は、マニュアルを丸暗記した模範解答ではありません。 極論を言えば、暗記すればだれでもできる回答なら、ロボットで事足ります。 企業側が知りたいのはあなた自身の本当の部分です。 成功の鍵は「誠実」であること、多少不器用でも誠実な回答をする人に好感を持つのは、ごくあたりまえのことです。 不自然な虚像は不要です。http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150731-00015855-president-nb&p=2

文科省調査による実態調査!学生の相談が7割に達しているオワハラの現実

文科省の調査によるとおよそ7割の就活生が「オワハラ」を感じ、大学や短大に相談しているそうです。 オワハラについては、きびしい姿勢が示され企業側の対応が問われています。 しかし、この8月1日の採用選考解禁の時期に合わせ、内定者などに対し合宿の参加などをうながす企業もあり、オワハラも巧妙な手法に切り替わってきています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150731/k10010172841000.html

面接や会社訪問時に意識したい「クッション言葉」の使い方

「まことに恐縮ですが…」や「あいにく…」などに代表される、いわゆるクッションとなる言葉。 上手く使えばあなたの好感度は上がります。 クッション言葉は、相手を敬い少しへりくだった立場で使いますが、むやみに使い過ぎると相手に「消極的な人」、また、状況によって「いんぎん無礼な人」と言った印象を与えかねません。 使う場面をわきまえて上手に利用し好感度を上げるようにしましょう。https://gakumado.mynavi.jp/style/articles/14469