2016.10.20 某メガバンクの社会人の方に伺いました(佐々木悠航)

アンバサダーの佐々木悠航です。先日の社会人との座談会でお話を伺うことができました。

 

某メガバンク さん

就活の時点でやりたいことは決まっていましたか?

何をやりたいかは決まっていませんでした。それに第一志望は今の企業ではなかったです。でも今仕事が楽しいしやりがいがあります。三年生は就活が徐々に始まってきて自分がどんなことをやりたいか悩んでいる人も多いと思います。やりたいことを見つけられている人もいると思いますが多くの人は見つけられていないと思います。でも、見つけられてない人も思い悩む必要はないんじゃないかと思います。仕事をしていくうえで見つかることもあるし、今の学生生活を送る上で見つかるかもしれません。

 

やりたいことを見つけるためにどんな風に学生生活を送ればいいですか?

何かに夢中になることだと思います。部活やサークル、鉄道や写真などでさえも夢中になることが大事だと思います。私は新卒人事を経験したこともあるのですが、何かに夢中になった経験は、「他のことでも夢中になれる。仕事でも夢中になってやってくれる」というように良い評価を与えられると思います。

 

人事を経験されていた時、面接でみていたのはどのようなことですか?

面接にきて話をきいたり、話をする様子をみると大体その人がどんな人格かわかります。話の展開に仕方、質問の仕方、相づちなど細かい部分でなんとなくわかります。コミュニケーション力が大切ということは様々な場所で言われると思いますが、おしゃべりな人がコミュニケーション力があるというわけではなく、そういった細かい部分も含めたものだと考えています。

 

企業研究は何をしていましたか?

私は日経新聞を毎日読んでいました。意識していたことがあって一日一社企業を覚えました。日経新聞にでてくる企業はその業界の一流企業だからです。また、私がやればよかったと思っていることは、ある一日の日経新聞に載っている企業名を全てチェックすることです。これで大体の企業を見ることができると思います。ぜひ試してみて下さい。

 

最後に学生へのメッセージをお願いします。

先ほども言ったように、何かに夢中になって学生生活を過ごしてください。それは将来貴重な経験になるでしょう。三年生の皆さんは就職活動頑張ってください。

 

アンバサダー佐々木悠航